【やたら簡単】シェーダーミックスの使い方【Blender 2.9】

2020-12-12

シェーダーミックスだけに絞って簡単に解説する。

目次

シェーダーミックスとは

2つのシェーダーをミックスするノード

こちらに絞って簡単解説する。

できること

2つのシェーダーをミックスできるのでマテリアルを2つ混ぜることができる。

image-20201212234156380

この例では黄色と青色のマテリアルをミックスしているので

image-20201212234227779

なんとも言えないおしゃれなカラーが作れる。

係数

image-20201212234310281

係数を100にすると下側のシェーダーが100%になる

image-20201212234317923

これだと意味がないので丁度いいところを探そう。

係数に白黒画像を入れる

ここから更に一歩進んだ機能。

実際にミックスされる割合は白黒の画像で比率を操作できるので

次のシェーダーを使って模様のように混ぜることができる。

マスグレイブテクスチャ

image-20201212234540240

マスグレイブテクスチャを例に使う。

こちらはノイズを生成するもので単純にサーフェスへ出力すると次のように牛の毛皮のような模様を出力する。

image-20201212234922755

この白黒をシェーダーミックスの係数に入れると、白と黒になっているところで比率が操作できるので

image-20201212234819780

こちらの係数にいれてやると...

image-20201212234851145

煙のようにミックスすることができる。

こちらはより実用的かと思う。

以上

シェーダーミックスの係数に入力する白黒がちょっとだけ理解が難しいが基本的に入出力の項目がすくないので理解しやすい部類かと思う。

結構便利で皆よく使っているそうなので覚えておきたい。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。