Typoraの未保存の記事を復元する機能を使う

June 01, 2020

人気MarkdownエディタのTyporaは未保存の記事を復元する機能がないように見えるが、がちゃんとあるので使い方を解説

typora_mihozon_kizi

Typora

今現在私が使用しているMarkdownエディタ。

オープンソースではないのがネックだが、フリーの中ではプレビューがわかりやすく機能も十分。

公式:https://typora.io/

書きかけの記事をが消えてしまう話

BLOG自体はもう何年も前から断続的に書いているが毎回必ず発生するトラブル「書きかけの記事が消えてしまう」ということだ。

ブラウザで各タイプのCMSであれば

  • うっかり戻るボタンを押す
  • ブラウザそのものを閉じてしまう
  • PCが突然のシャットダウン

などがよくある。

本当によくあるので最近のCMSでは書きかけの記事をキャッシュしてくれる機能がある。Netlify CMSであれば新規記事を書く画面に移動するタイミングでキャッシュが残っていれば復元するかどうかのダイアログがでるのでわかりやすい。

Typoraにもあるよ!

Typoraは誤ってシャットダウンしてしまった直後の再起動でダイアログなどが表示されないのでその機能が存在しないのかと思っていた。

なんとかならないかと調べたところちゃんと保存してくれてあるので紹介する。

ファイル>設定>一般から

image-20200531151736085

未保存の下書きを復元をクリック

image-20200531151839823

ちゃんとバックアップが保存されている。

ついでに私は自動保存もチェックしておいた。

さいごに

私もつい先日この機能に助けられたため本日の記事とした。

BLOGを書くのであればいかなるエディタであっても必須の機能と言える。

何度もいうが絶対にいつかミスをして記事を保存せず終了してしまう日がくるはずだ。

かならずキャッシュを復元する機能の使い方を覚えてからエディタを使い始めよう。

Tags

この記事をシェア:

author icon

仮想トイレ @CrypticToilet
プログラミングや仮想通貨のシステムトレードに関する情報を更新中!どんな情報を流しても詰まらないトイレ。