【DIY】中国製ポケットホールジグは使えるか?

July 17, 2020

本家クレイグ社のものはプラスチック製で値段も高い。中国製はアルミ製でしかも安い。本家よりすごいかも?使ってみる。

pocket_hole_jig

ポケットホールジグ

ポケットホールジグとは

こういうもの。

つまり....

image-20200717174235872

このような感じに木材に斜めにビスをうちこむ「穴をあける」装置である。

使用目的

なんでこのような道具がほしいかというと...

まずは

image-20200717174458960

角をビス止めしたときにビスの頭が見えてしまうので不格好だが、このポケットホールジグを使えば

ビスが隠れるのである(この裏面にビスの穴がくる)

それに斜めに打つのでおそらく木材が割れにくくなる。

ほかにも

image-20200717174659321

こんな風に板を接合する場合(板接ぎという)

普通はダボやビスケットジョイナーを使って正確さと手間が必要だが

これも裏からビスを打ち込んでしまえるので楽。

また斜め加工の接合をする時

image-20200717175017546

こんな風にビスもダボも難しいが、ポケットホールなららくらくビスを入れれる。

今回は主にコレが目的。

買った物

噂の中国製ジグ

Amazon | joyMeritミニ ポケット ホール ドリルダボジグ 木工用 穴あけガイド 斜め口 ドリルガイド ステップドリルビット DIY工具 | ホールソー・ホールソーセット

ちなみに、アフィリエイトではないのでこちらから購入しても私にはメリットはなにもない。

純粋に紹介目的で記事を書いている。

最近人気があるようで昔は3000円ちょっとで買えたらしい。

外箱

APC_0057

外箱。怪しげな漢字。

斜孔定位器と書いてある。

中身

image-20200717180052858

まず本体がアルミというのが重要。

どうしてもクランプで固定しないといけないのでこの剛性がないと曲がってしまうらしい。

開発した本家クレイグ社のものは値段が高いのにプラスチック。

Amazon.co.jp: Kreg(クレッグ) R3 ポケットホールジグシステム: 産業・研究開発用品

8200円ほど。

重要:専用ドリルビットが付いているかどうか

ポケットホールジグは特殊な穴を開けるので

専用ビットでないと使用できない。重要なのはまず左下のビットが付属するかどうからしい。

買うと安物でも1本1000円ぐらいになる模様。

使い方

本体にはなにやら定規のようなものがついている。

まずは留め具を緩めて定規のメモリを木材の厚みに設定する

image-20200717180350290

image-20200717180942273

2x4材を試そうと思い32mmにセットしたが

ダボと違い穴を開けるのは片方だけ(もう片方には直接ビスが刺さる)ので微妙にズレていても良い。

image-20200717181638842

2,3mmの遊びをもたせてまずはドリルのストッパーを設定。

45度でクランプはギリにする!

今回は目的に45度を試す。

image-20200717191325489

Youtubeで動画を見ていたが、ポケットホールの穴が結構広い範囲でとられるので

2x4の斜めはかなりギリギリ...というよりちょっと右がはみ出るぐらいで止めるのが良さそうだった。

背中側はピッタリくっつけること!ここで言ってるのは右側の角ぎりぎりまでずらすということ。

2x2とかだと斜めは無理そう。

開けてみる

あとはドリルにいれて開けるだけ。

APC_0064

ここはガッチリとクランプしてておかないと危険。

かなり深くまでドリルが入るので引っかかったら吹っ飛びそう。

注意するように。

APC_0065

多少バリは残るが成功

ビス

APC_0067

Kreg ポケットホールスクリューのいいところ | つくる人をシゲキする オフの店 Web Shop

ビスの長さはこちらに書いてある。

ツーバイフォーで板の厚さが32mmなのでビスは51mmがよさそう。

これは単なる実験で手持ちが短いビスしかなかったので30mmで実験

付属のドリルビット

付属のドリルビットは曲がっていると話題だが、

中国は類似品をいろいろな会社が出しているので私の購入したものは違うものだろうと思っていたのだが

まがってたw

しかしながら手持ちのビットが...

APC_0066

これしかなく、合わせてみるとまるで足りないので曲がったビットを使うことにした。

余談だが、クレイグ社の公式動画ではドリルのクラッチダイヤルを3に設定していた。

木材を固定

穴が空いて無い方の木材は下穴なしでビス止めするので動いてしまう可能性が高い

がっちり固定する必要がある。

APC_0068

45度の場合の固定方法はかなり手間取ったが...

コーナー側を2本ハタガネで止めたらいい感じに。

この状態でビスを止めることができた。

意外にスルスル

ビス自体が短いのもあってスルスルとはいっていく。

曲がったドライバでも問題なくいけた。

完成

というわけで

img

普通に接合できた。

30mmの短いビスでもとりあえず問題なし。

裏面も

APC_0070

平らなところでビス止めすればズレもなくいけそうだ。

問題は...特になし。

ドリル自体の問題は特になし。

ビス30mmも深さをざっくり図ってみると半分の15mmぐらいは刺さってそうな予感。

長いこと使うと削れてくるだろうか?

今回は単純に私の45度のカットが悪かったほうが問題。

練習が必要である。

総評:使える

評判通りかなりつかえそう。

特にジグと木材を一緒にクランプで固定するときに本当に固めに止めたいのでアルミなのは安心だ。

ダボより簡単、ビスケットジョイントより安い、初心者が手を出すには丁度いいおもちゃだと思う。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
当BLOGのオーナー。元DTMer。