【Gatsby.js】Netlify CMSをアンインストールする

September 11, 2020

以前紹介したバグのためNetlify CMSは使わなくなったのでアンインストールする。複数のライブラリに渡っているのでアンインストールした手順を記しておく。

netlify_cms_uninstall

目次

Netlify CMSを使うのを辞めた理由

致命的な欠陥があったため既に使っていない。

バグが修正されているかどうかは不明。詳細は次の記事を参照。

私がNetlify CMSを使うのをやめたたった一つの理由 | Blog

というわけで本記事はNetlify CMSを「アンインストール」した私の手順を記す。

インストールする方法

Netlify CMSをアンインストールする場合はインストールとは逆の手順を踏んだほうが良いと考えた。

まずはインストール方法をわかりやすく解説しているサイトを探したところ次のサイトが非常にわかりやすかったためリンクする。

FirebaseとNetlify CMSでブログを作る | コキチーズのホームページ

もしこの記事を「アンインストール」ではなく「インストール」の方法と間違えて訪れた場合は上のサイトを参照すると良いかと思う。

また次のサイトも「既存サイトへNetlify CMSをインストールする」というテーマで書かれており、コードと合わせどのライブラリが使われているのかが参考になる。

Gatsby & Netlify CMSで既存サイトにブログを構築するまでのメモ | co6ei note

アンインストールする方法

Netlify CMSは2つのプラグインから構成されているようなので2つのパッケージをアンインストールする。

npm uninstall  netlify-cms-app gatsby-plugin-netlify-cms

注意:Netlifyをホスティングに使っている場合gatsby-plugin-netlifyも入っているかと思うがこれはアンインストールしてはいけない。

gatsby-config.jsを修正

私は次を削除した。

    {
      resolve: 'gatsby-plugin-netlify-cms',
      options: {
        modulePath: `${__dirname}/src/cms/cms.js`,
      },
    },

netlify-cms-appに関してはgatsby-configには記載がないはず。

フォルダを削除

  • src配下のcmsフォルダをフォルダごと削除
  • static配下のadminのフォルダをフォルダごと削除

gatsby-starter-blogのテンプレート内には無いフォルダだったため。またNetlify CMSを復活させる場合はバックアップを取っておくこと。

次の2つをアンインストール

npm uninstall netlify-cms-media-library-cloudinary netlify-cms-media-library-uploadcare

これに関しては初めからインストールされていたので詳細不明。

詳しい情報がでてこないのでとりあえず削除して実験する。

/cms配下にあったテンプレートから読み込まれていたライブラリ。

npm run devで確認

この時点で一度devサーバーが起動できるか確認を行った。

次のログで正常起動

You can now view nazono_gijutu_kenkyu_bu in the browser.
⠀
  http://localhost:8000/
⠀
View GraphiQL, an in-browser IDE, to explore your site's data and schema
⠀
  http://localhost:8000/___graphql
⠀
Note that the development build is not optimized.
To create a production build, use gatsby build
⠀
success Building development bundle - 11.983s

もしCMSが起動していた場合、この後にCMSのURLが発行されるので正常に削除されている模様。

ビルド確認

念の為この後ビルドが出来ることを確認する。

devが成功してもbuildが失敗することも多いため。

とりあえず問題なく終了。

Netlifyにデプロイできるか確認

何の問題もなく終了。

もしまだなにか残っているようであれば追記する。

さいごに

今回は特に問題なく終わったがnpm updateをしただけでビルドが失敗するようになることもある。

特にこういった複雑に入り組んでいるプラグインのアンインストールやアップグレードは慎重に行いたい。

いつでもgit等を使ってロールバックできるように準備しておこう。

この記事をシェア:

author icon

仮想トイレ @CrypticToilet
プログラミングや仮想通貨のシステムトレードに関する情報を更新中!どんな情報を流しても詰まらないトイレ。