【ZBrush】ZModeler > Bridge(ブリッジ)のポイントアクション編

2020-12-16

Bridgeの面、辺、点とある3種類のアクションのうち面であるPoint(点)に限って解説する。

zmodeler_bridge_point

目次

ZModeler - Bridge(ブリッジ)

image-20201208014353503

ZModelerのアクションで基本的には面と面などを「つなぐ」のがブリッジ。

ではあるが...今回の「ポイント(点)」のブリッジはエッジを追加する機能になるので他のアクションと思うと違うので注意。

Point Actions

本記事ではこのブリッジの点(ポイント)へのアクションに限定して解説する。

image-20201216015411379

image-20201215020220175

点にカーソルをあわせるとこのような表示。

関連記事

辺:【ZBrush】ZModeler > Bridge(ブリッジ)のエッジアクション編

面:【ZBrush】ZModeler > Bridge(ブリッジ)のポリゴンアクション編

Target > Two Points(2つの点)

image-20201215020826275

まずはシンプルなターゲットから。

モディファイアがないので理解が楽。

2つの点を選択してその間にエッジを追加するだけの機能。

image-20201215020940463

画像にある2つの丸で囲った点を結んで見る。

点を一つずつ順番にクリックしていくと

image-20201215020959313

三角のポリゴンに分割された。

点のポリゴンに対しての「ブリッジ」とは点と点を線で結ぶ事を意味するようだ。

エッジと違ってこの面がデリートされていた場合は効果がない。面のある箇所へ適応しよう。

また、同一ポリゴンに面している点でなければ効果がない。つまり離れている点は選択できない。

Target > Ring(リング)

image-20201215021112402

こちらは1点だけ選択する。

選択した点に繋がっているそれぞれの点の間にエッジを追加する。

image-20201215021203859

こちらに適応すると

image-20201215021218291

中央の点につながっている全ての点に対して線が繋がれる。

RingのModifiers

image-20201215021327817

Crease Ring(クリースリング)

2つのモディファイアがあるがCrease Ringがオンになっていれば上の画像の通り外側の辺にだけクリースが発生する。

image-20201215021506889

Do Not Creaseにセットすればこれは生成されない。

Regroup Ring(リング再グループ)

こちらはブリッジ後に生成されたポリゴンを新規ポリグループに分けるかどうかのモディファイア。

Do Not Regroupにしておけばポリグループは変化しない。

image-20201215021657771

全てのポリグループがもとのままになっている。

以上

ポイントアクションは面や辺と思うと簡単である。

ブリッジではあるが、3次元での接合ではなく二次元の線が結ばれる点にだけ注意しておこう。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。