DaVinci ResolveでTikTok用の映像を出力する

2021-01-18

16:9の映像をTikTok用の映像で書き出す方法

davinci_tiktok

目次

はじめに

TikTokは9:16というサイズらしい。

先日投稿したImaginary Imoutoの映像をTikTok用に変換する。

編集ソフトにはDaVinci Resolve 17 Public Betaを使用。

既存のプロジェクト上で作業

DaVinci Resolveにはタイムラインという概念がある。

コレを利用するとYoutubeに投稿した時と同じプロジェクト上に新しいタイムラインを追加できる。

タイムラインを追加

image-20201217231205993

画面下部のMediaタブから

すぐ上の画面で右クリック

Create New Timeline Using Selected Bin...をクリック

image-20201217231353223

現れたダイアログにてお好みでTimeline Nameを設定。

左下のUse Project Settingsのチェックを外す。これで詳細な設定が可能に。

image-20201217231737844

Formatタブを選択

Timeline ResolutionCustomに(一番上にある)

Forとなっているところを1080x1920にする。ここが重要。

※1920x1080ではないので注意!1080x1920で良い。

Createでタイムラインが生成される。

image-20201217232014664

生成されたタイムラインをダブルクリックしてEdit画面へ。

画面サイズを調整

バージョン17の場合かはわからないがタイムラインを生成した時点でYoutubeに投稿した動画のタイムラインの内容が読み込まれていたのでこのまま作業する。

image-20201217232632322

これが現れてない場合は一旦ここで編集する必要がありそう。

image-20201217232204810

このままだと右上のプレビューでこのように縦に真っ黒な帯が入った状態。

これをズームしてスマホサイズに変更していく。

image-20201217232749576

インスペクタウィンドウが開いていない場合は右上のInspectorボタンを押す。

あとは右上のTransformからZoom Xの値を調整して丁度いいサイズにおさめていく。

image-20201217232836152

もともとの映像が16:9ならば3倍ぐらいが良いらしい。

※ちなみにYもリンクされているので一緒に3倍になっている。リンクを外してしまうと変な比率に。

image-20201217232938040

若干上下に黒帯が残るが、どのみちTikTokに読み込まれた時に無駄な文字等が入るので無理に詰め込むと逆に見にくくなるそう。

このとき映像が変な位置で切り取られている場合

image-20201217233217353

Positionを使って左右を調整できる。

カットページで編集

TikTokは現在60秒までの動画までに対応しているので尺を調整する。

既に動画編集自体は終わっているのでカットページを使ってカットだけ行っていく。

image-20201217234622320

切り取りたい始点でIキー

終わりたい箇所でOキーでOK

image-20201218150520395

書き出して完了

右上のQuick Exportから。

image-20201218151733568

image-20201218151744951

とりあえずh264なら良さそうなのでデフォルトで出力。

TikTokはこのままできれいにアップロードできた。

以上

DaVinci Resolveは想像以上に使いやすい。

しかも無料。

今後暫くお世話になりそうなので記事にできそうなことがあればどんどん追加していく予定。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。