【React】build結果をローカルで起動【やたら簡単】

2021-02-21

buildで生成されたhtmlファイルをダブルクリック一発で正常動作させる。普通のビルドだとエラーで何も表示されない。

目次

package.jsonを編集

package.jsonの内容に"homepage" : "./",を追加する。

{
  "name": "プロジェクト名",
  "version": "0.1.0",
  "homepage" : "./",    <<<<これ!
  "private": true,
  "dependencies": {
      
      //略

buildして完成

npm run buildしたら完成。

buildフォルダ配下にindex.htmlが出来ているのでクリックしてブラウザを立ち上げればローカルで正常動作するはず。

さいごに

デフォルトではbuildにより生成されたhtmlファイルを立ち上げても何も表示されない。

ReactのみならずVueでも基本同様のトラブルがある。

というかそもそもローカルで起動することは想定されていないのだろう。

といっても、ちょっとした自分用のプログラムを作るときに手軽に作れるので覚えておくと便利だ。

Tags

この記事をシェア:

author icon

仮想トイレ @CrypticToilet
プログラミングや仮想通貨のシステムトレードに関する情報を更新中!どんな情報を流しても詰まらないトイレ。