【Blender】拡縮制限の「トランスフォームに影響」チェックボックスは何?

2021-03-01

拡縮制限コンストレイントにある「トランスフォームに影響」が何かを解説する。

目次

拡縮制限コンストレイント

ボーンコンストレイントの拡縮制限。

これを付けることでボーンが小さくなりすぎたり、大きくなりすぎないようにすることができる。

image-20210301025338096

image-20210301025421839

ここではコンストレイント自体の詳しい解説は省略する。

トランスフォームに影響とは?

数値設定の下にある「トランスフォームに影響」のチェックボックスはどんな意味があるのだろうか。

今回上の設定例では全て1になっており拡大も縮小もできないようになっている。

それを理解した上であえてSキーで適当に拡大をしてみると

image-20210301025900965

上の画像のように、見た目が全く変化していないのに「スケール」に入っている値が変わっていることが分かる。

したがって、この状態で「拡縮制限」のコンストレイントを削除すると...

image-20210301030055922

ボーンがでっかくなっちゃった!

というわけで、こちら「トランスフォームに影響」をチェックしておくと

image-20210301030201074

Sキーでサイズ変更しようとしても、トランスフォームの内部的な数値も変化しないようになる。

さいごに

実用方法に関しては私も詳しくないのだが、特別理由がなければトランスフォームに影響はオンにしておけば良いと考えている。

このチェックボックスに関する情報がWEBで調べても全くヒットしなかったので記事とさせていただいた。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。