【ZBrush】色の塗り方とColorタブの使い方

2021-03-08

Colorのタブを使って色を塗る。細かいところまで見ていく。

zbrush_color

目次

色を塗る前に

ZBrushで色を塗ろうとすると想定外の事が起こり初心者が困惑するはずなので先に確認しておく。

何も塗ってない状態で色を選択すると

image-20210226010916539

なぜか塗りつぶされてしまう。

この場合はサブツールで筆のアイコンをオンにする。

image-20210226011325735

この状態で塗るのがオススメ。

image-20210226011509912

※厳密には筆マークをオンにしなくても塗れるが、すこし表示が複雑なのでここでは解説しない。

色を塗る方法

ZBrushで色を塗る最も簡単な方法はPaintブラシを使うこと。

ショートカット:B > P > A

image-20210226011912940

このブラシにするとスカルプトと塗を切り替えるのが楽なのでオススメ。

スカルプトしながら色を塗る

スカルプト用のブラシに色を付けることも可能。

image-20210226012234992

このように塗りとスカルプトが同時に可能。

※スカルプトブラシのまま色だけ塗りたいという場合はZaddをオフにしてRgbをオンにするという方法もあるが、もとに戻すときに混乱しがちなので注意したい。

白は特別な色

ZBrushの色塗りに置いて白は特別な色で「白が塗られている=何も塗られていない」として扱う。

つまり「消しゴム」として利用する。

image-20210227014908556

マテリアルに注意

マテリアルとカラーが同時に反映されていると色が付いているのか付いていないのかわかりにくいという状況が起こる。

こういった場合はFlat Colorのマテリアルを適用するとマテリアルを消去する効果がある。

image-20210227015414239

※当然ながらマテリアルが一度消えてしまうので注意

Colorタブ

image-20210227015719138

細かい設定はこちらのColorタブから行える。

Main, Secondary Color

日本語:メインカラー, セカンダリカラー

image-20210227015922165

左がセカンダリカラー、右がメインカラー。

※日本人特有の心理?かはわからないが左をメインだと錯覚する人が多いようなので注意。

こちらで塗りの色を変化させる。

右側がメインカラーなので、このまま塗れば「青」が着色される。

image-20210227020146030

Alternateボタンをオンにしておくと

image-20210228024822705

ALTキーを押しながら塗ることでセカンダリカラーを使用して着色することが出来る

image-20210227020252492

Tips

Cキーでスポイト機能。モデルから色を取ることもできればUIの色も取れるというトリッキーな機能。

残念ながらウィンドウ外の色はとれないらしい。

SwitchColor

日本語:カラー切り替え

image-20210228022236811

メインカラーとセカンダリカラーを入れ替えるシンプルな機能。

Vキーがショートカットなので覚えておきたい。

Gradient

日本語:グラデーション

image-20210228022510913

メインカラーとセカンダリカラーのグラデーションがブラシになる。

image-20210228022707757

ペイントブラシだけではコントロールが非常に難しい。

image-20210228023246874

Alphaと組み合わせることでなんとも言えない模様を書くことが出来る。

image-20210228023619654

DragRectと上の画像のアルファ(Alpha27)を使うと色が減衰するような効果を出しやすい。

image-20210228023921384

アルファとストローク次第でグラデーションが生きてくるので色々試してみると良い。

Color Selector

image-20210301010859982

こちら自体は説明するまでもないが、外枠で色相を選んで内側で明度彩度を調整できるようになっている。

カラーピッキングの裏技

このカラーセレクターをクリックしたままセレクター外へドラッグすることでカラーピッカーの効果がある。

image-20210301011415653

これは上で述べたようにCキーを押しながら画面上の好きな箇所をクリックするのと同じ効果。

そしてALTキーを押しながらこのカラーセレクターをドラッグすることでシェーディング+マテリアル適用後の色をピッキングできる裏技的使い方がある

image-20210301011842656

Gray Color Selector, RGB

image-20210302014100991

上のスライダからグレースケール(黒~白の間の256階調)に限定して色を選択できる。

下はRGBを数値で入力出来る。

グレースケールに関してはカラーパレットの左壁一杯になぞれば同じことが再現できるので、あったら便利程度の認識。

FillObject

image-20210303031104657

マテリアルとRGBでオブジェクトを塗りつぶすボタン。

ただしかなり注意が必要で上のMrgb, Rgb, Mいずれかのスイッチがオンになっていないと作用せず、また塗りつぶす色/マテリアルもこちらのスイッチに対応する。

image-20210303033803242

  • Mrgb:マテリアル+RGB
  • Rgb:RGBだけ
  • M:マテリアルだけ

例えばカラーだけで塗りたい場合はRgbをオンにしてFill Objectをクリックする。

image-20210303031640340

image-20210303031740157

Rgbボタンだけ有効にしていれば色しか塗られないのでマテリアルは適用されておらず仮のもの。

マテリアルを切り替えるとその都度表面が変化する。

今度はマテリアルを適用させたい場合MrgbMを選択しからFill Objectする。

image-20210303032224149

Mrgbで両方適用されると、色やマテリアルをパレットで切り替えてもオブジェクトの外観が固定される。

色とマテリアルを消したい時

適用されてしまった色とマテリアルは同様の操作で消すことが出来る。

  • 色を消したいときは「白色」を選択してFill Object
  • マテリアルを消したいときは「Flat Color」マテリアルを選択してFill Object

※どちらもMrgb, Rgb, Mのスイッチに注意

次は色もマテリアルも両方消す例

image-20210303032638932

マテリアルをブラシで塗りたい時

上記の特性上「マテリアルをブラシで塗りたい」時にマテリアルが切り替わってしまって「塗った箇所がわかりにくい」という現象が発生する。

そんなときは「MatCap Gray」のようなマテリアルで一度「FIll Object」してしまってから別のマテリアルを塗ると良い。

image-20210303033608602

FillObject Grad

image-20210305025246662

こちらは主に「カラー」に関係するボタン。

メインカラーとセカンダリカラーをグラデーションで塗るボタン

どうやってグラデーションにするかというと、セカンダリカラーを塗りたいところにマスクをしておいてFillObject Gradを適用する。

image-20210305025538859

このように2色を同時に塗ることができる。

注意:マテリアルも適用される

カラーをコントロールするボタンなのでマテリアル適用系のボタンは解除しておいたほうが良い。

image-20210305025806785

緩やかなグラデーション

グラデーションを緩やかにする場合はマスクをブラーしてやればよい。

image-20210305030137452

※マスクブラーはマスクを掛けた後ctrl+マスクの上をクリック連打する。

FillLayer

こちらの機能に関してはZBrushのレイヤーを理解していないと使いこなせないので今回は割愛する。

レイヤーは別記事で用意する予定

※ZBrushのレイヤーは一般的なペイントソフトのレイヤーとは使い方が違う。

SysPalette

image-20210307020558275

OS側が用意している色選択ウィンドウを利用する。

MAC OSだとまた別のウィンドウが現れると思われる。

image-20210307020546167

Clear

日本語:クリア

image-20210307021143875

こちらは単純に色とマテリアルを消去するボタンではないことに注意

あくまでレイヤーをクリアするボタンなので適当にFillLayerボタンと合わせて触ると画面上のモデルが消える。

こちらはctrl+Nキーと同じ機能でEditモードを外して書いてしまった時に起こるモデルが増殖するアレをクリアする時によく使う。

image-20210307021524781

もし知らなければ覚えておいたほうが良い。

一度クリアして1体だけモデルを描画したらQキーかEditボタンでエディットモードに入ろう。

Modifiers

image-20210308023937820

ColorのModifiersには様々なカラーパレットが用意されている。

その他の機能はないため解説は省略

さいごに

よく使うColorだと思うが意外に「あれ?こんな使い方だっけ」という点もあると思う。

また、Layerとも関わりがある機能に関しては触れていないので別で記事を作成したい。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。