November 26, 2021

【ZBrush 2022】Bevel Proのちょっと変わった使い方

新機能「Bevel Pro」を使って面白い形を作る
Article Image

Bevel Proとは

ZBrush 2022に搭載されたスゴいベベル機能。

使い方の解説は前回の記事を参照してもらいたい

【ZBrush 2022】やたら詳しいBevel Proの使い方 | 謎の技術研究部

※ベベルはポリグループの境界線にしか適用されないのでそこだけでも覚えておきたい。

面白い形が作れる

Bevel Proは当然ながらベベルを生成するものだが、このBoolean用に生成されたメッシュを変形してやることで更に面白い形状を作ることができる。

今回はその作例を掲載する。

ゴミが出る場合

新機能ではあるが設定が難しく次のようにゴミが残ってしまう事がある。

image-20211126033941389

※わかりやすくベベル用メッシュを虹色にしている

基本的にゴミが出てしまうとベベル用メッシュをダイナメッシュするぐらいしか方法がなくなり、それでも僅かなゴミが残ることを確認している(Livebooleanのバグかも?)

まずはBevelPro内のBevel SmoothnessMesh Offset Amountあたりを調整してきれいなメッシュになるよう心がけよう。

image-20211126042135694

注意点

この先の方法はすべての形状に当てはまるわけではなく、モデルによって違った結果となるようなのであくまで参考として見てもらえたらと思う。

作例1

生成されたベベルメッシュ側にDeformationを入れてみる。

最初はInflateInflate Balloonをマイナスへ

image-20211126042245898

内側へ模様が入り込んだ。

SF風ダイスという感じ。ゲームのアイテムで使えそう。

image-20211126043334182

Inflate Baloonをプラスへ入れたケース。花形のようなものが現れるというサプライズ。

作例2

Deformation > Relax(右側のドットを丸にしておく)をMAXまでひねる

image-20211126042619259

※ドットを円にしておくと単純に掛かりが強くなる

image-20211126042612630

まるで液体が通る溝のようなものが生成された。

これはPolishなどでもできるので色々試す。

作例3

Deformation > Contrast

image-20211126042832066

より複雑に。SFっぽいアーマーになりそうだ。個人的に一番好み。

image-20211126042951175

同じ系統だとSmoothでも良い

作例4

Deformation > Gravity

image-20211126043506296

ここまで来ると破壊的で実用性は微妙だが、サクっとガンダム的な表現になった。

作例5

ここからはGizmoを使う

一旦ALTキーを押しながら上のGoogle Map風ボタンを押すことでGizmoを中央にスナップ。

image-20211126043620019

中央の黄色い四角を操作すると拡大縮小となるので

image-20211126043738484

縮小すると凸になっている箇所が強調される形状に。

image-20211126043822935

更に縮小すれば凸部分だけにベベルされる格好になる。

作例6

Gizmoの前後左右どちらかだけ拡大

image-20211126045442229

image-20211126045416671

このケースだと矢印のようなものが現れた。

想像通りな形状にするのは難しいが、不思議な模様が浮き出そうだ。

余談

Gizmo > Transformerならもっと面白いものが作れるかも、と思ったがあまり役に立たなかった。

作例7

こんどはSurface > Noiseを使ってみる

今回はデフォルトで用意されているLightboxから適当に

Noise09.ZNM。角ハゲ風 (作例に合わせてマテリアルを変えている)

image-20211126050215286

Noize54.ZNM。チーズ風

image-20211126050541380

他多数。ここはきりがない。

Noiseを使う方法はApply To Meshすると壊れるので別ツールへ持ち込むなら更に研究が必要そう。

あくまでZBrush内で完結する表現用としてが良いかも。

以上

色々試したが使えそうなものだけ掲載した。

繰り返しとなるが、形状が変われば同じ操作でも結果が変わってくるので試行錯誤が必要だと思われる。

最後に適当に複合した作例。

謎のやばい果物。

2021-11-25_20h59_51

どんな作業をしたかは覚えてないが上の組み合わせである。

おまけ:枝のような部分は三角コーン形状に新しく追加されたGizmoのFocal Shiftによるねじりだけで生成しているので試してみてほしい。

この記事を作るのに3,4時間使ったが、もっと深い使い方がありそうだ。


この記事のタグ

この記事をシェア


Neve1074
謎の技術研究部部長。3DCG以外にもDTMやプログラミング等も研究する。