2021-11-28

ZModeler > Bridge > Ringっていつ使うの?

ZModelerのBridge(点のアクション)にRingという謎機能の使い所

Article Image

ZModeler > Bridgeとは

ZBrushの主要機能の一つZModeler

その中のBridgeといえばよく使われるのは次の作業を行うツールである。

エッジアクションにて、穴をあけた2つのターゲットを

image-20211128005304915

橋渡ししてやる機能

image-20211128005349661

としてよく使われる。

しかしこれはあくまでブリッジの「エッジ」の機能 (TargetがTwo Holes)

今回紹介するのは「Ring」ターゲット

今回紹介するのはエッジではなくポイント(点をターゲットした時)の機能

image-20211128004812500

この機能、私は長らく謎の機能として認識していた。

なぜならば、次の例

image-20211128005757369

画面中央のポイントにBridge Ringを適用すると...

image-20211128005817026

こうなる。

でっていう

残念ながらでっていうという言葉がしっくりきてしまう。

だが、本日ついにここだ!という使い方を発見したので紹介したい。

円柱を作る時

Initializeボタンから基本のポリゴンを作ってモデリングを始めることはよくあると思うが

image-20211128005954996

QCylというボタンを使うと

image-20211128010036295

サクッと円柱を作ってくれる。

Dynamic Subdivを使う

さて、ZModelerを使うのであればDynamic Subdivを使うのは定番だと思うが実はここで問題が生じる。

よくある手法として先にGeometry > CreaseLvlを2にしてCreaseボタンを適用してからDynamic Subdiv > SmoothSubdivを3以上にすることにより

image-20211128010610815

角を維持しながらも、わずかに丸めるという手法である(画像左)

本題:実は不具合が生じている

さて、ポリグループを表示しないで左の画像をもう一度見てみよう。

image-20211128010910776

微妙に角が変なのに気づくだろうか?

image-20211128010929780

正面から。

これはなぜ発生するかというと

image-20211128011028339

画像のように上側のエッジが面の方につながっていないため発生する。

もうおわかりですね

ここでBridge > Ringの出番である。

image-20211128011215677

きれいになった!

三角ポリゴンが入るので注意ではあるが、とても美しいカーブとなった。

面を割ってエッジをつなげたい時

今回のように面を割ってエッジをつなげたいときに便利なのではないかと思いついた。

実はポイントアクションならSlice Meshでもできるがこちらは1本ずつになるので面倒であるが、どちらでも良い。

微妙?

とは言ったものの、記事を書いてまでドヤるほどの利便性はない。

あくまで頭の片隅にそんなのあったな程度で覚えておくのが良いのではないだろうか。

ただ、こういった小さいTipsの積み重ねが大きなスキルへとつながると信じて止まない。

お粗末さまでした。


この記事のタグ


謎の技術研究部 (謎技研)