【ZBrush】Thick Skinを解説

2021-01-09

バージョン2021.5から追加されたThick Skinを解説

目次

Thick Skin超基本

画面右側Toolウィンドウから

image-20210109014420644

  • Thick Skinボタン
  • Thicknessスライダ

のたった2つから成るツール

ThicknessバーはThick Skinをオンにした後でないと動かせない

ブラシの厚みを制限する事ができる

Thick Skinをオンにすると何度ブラシで描いてもThicknessで指定している厚み以上にならない。

上限に達すると平面になる。

例えば球体のモデル

image-20210109014610716

ペンを置いて離してを何度繰り返しても

image-20210109014752062

ALTで彫り込み

ALTキーを押して彫り込むが、こちらも高さが制限されて一定の平面が出てくる

image-20210109014843998

何がすごいの?

Thick Skinのすごいところは一度ブラシを入れたところに何度ブラシを入れても上限以の厚みにならないこと。

例えばPlanerブラシでも似たような効果はあるが...

image-20210109020150898

何度もブラシをいれると結局凸凹になってしまう。これはどのブラシでも言える事。

これを避ける事ができるのがThick Skin

注意:オンオフしないこと

一度Thick Skinボタンをオンにして作業 > オフ > オンにすると

image-20210109015245958

このように2段階の厚みになる。

一度オンにしたら満足する結果が得られるまでオフにしないこと。

Thicknessを途中で変えるのはOK

Thick Skinボタンさえオンオフしなければ途中でThicknessは自由に調整してOK

一度盛り上げたところも、再度ブラシを入れればそのサイズに調整される。

掘った面をリセットする

上の解説の応用でThicknessを最小値(0.0001)にした状態でブラシでなぞるとなんと元の形状に戻る。

このテクニックは使っていきたい。

image-20210109015819921

※何度も言うがThick Skinは一度オンにしたらオフにしていないことが条件

Moveブラシでも効く

Moveブラシでも厚みに上限ができる。

なにか面白い使い方があるかもしれない。

ZModelerには効かない模様

ただしZModelerQMeshには効果がない模様。今後これは修正があるかもしれない。

ThickSkinClayブラシ

image-20210109021113801

新しく追加された「粘土のような」質感で掘れるブラシ

image-20210109021156055

ThickSkinClayブラシの注意

必ずThick Skinモードで使うこと。

そうしないとトポロジが破綻する

image-20210109021238624

以上

シンプルながらかなり強力な機能だ。

一定の厚みで彫りたいときには使っていきたい。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。