2022-05-27

【Unreal Engine】簡単に色相を変えるノード(HueShift)【マテリアル】

UEのマテリアルにて色相をサクっと変化させてカラーバリエーションを増やす簡単なノードを紹介

Article Image
使用ソフトウェアバージョン備考
Unreal Engine5.0.2英語版

カラバリを増やしたい

1つだけマテリアルを作り、パラメタをちょっと変えるだけで色相が変化するようにしたい。

サンプル1

そうすればこのように1つのマテリアルで簡単にカラーバリエーションを作ることができる。

HueShift

そんなときに使うのがHueShiftノード。

しかもとても簡単。

ノード例

上のサンプルは次のノードでできている。

ノード例

ベースカラーの出力前にHueShiftというノードを通すだけだ。

今回は玉ごとに別のマテリアルインスタンスを用意した。

Texture

Textureのピンにはサンプルのような単色だけでなく、その名の通りテクスチャを入れてもOK。

Hue Shift Percentage

サンプルではHue Shift Percentageにパラメータによる定数が入力されている。

ここは0~1の値を入力する。

1を入力すると原色と変わらないので、1未満までを入力するイメージで。

テクスチャを入れてみた例

テクスチャを入れる場合もそのままHue Shift Percentageの数値を変化させるだけでよい。

テクスチャの場合

注意点

上の例でわかると思うが白い部分は色が変化していないことがわかる。

つまり色味をもたないグレースケールをテクスチャに入れた場合、このノードは意味がなくなってしまうので覚えておきたい。

グレースケールはだめ

以上

なにかアイテムを1つ作って、バリエーションを増やしたいときにはかなり便利なノードだと思う。

商品サンプルのようなシーンでコピペしたオブジェクトを並べてシーンを作るようなときも便利そうだ。

あまり細かい設定はできないが、とにかく簡単なので覚えておきたい。



謎の技術研究部 (謎技研)