2022-07-21

【Geometry Nodes】Scale Elements(要素スケール)ノード【Blender】

面や辺のサイズを変化させるノード。狙った面だけ変更したり、スケールの中心を変化させたりといったことも。

Article Image
使用ソフトウェアバージョン備考
Blender3.2

Scale Elementsノード

日本語:要素スケール

ノード外観

概要

特定の面や辺を拡縮するノード。

底面だけ拡大する例

出し方

Mesh(メッシュ) => Scale Elements(要素スケール)

使い方

入力ソケットのみだが、いくつか設定がある。

Face/Edge

日本語:面/辺

面と辺の設定

面のサイズを変えるのか、辺のサイズを変えるのかを選ぶ。

面を拡大した例(上の例と同じ)

底面だけ拡大する例

次のように辺を変化させることもできるが、こちらは実用的な例が思いつかないので割りと上級者向けか(?)

Index=5の辺だけ拡大するノード例

辺の拡大のノード例

実行結果

Selection

Selectionソケット

Selectionを使うことで拡縮する箇所を限定できる。

これまでの例では必ずこのSelectionを使って拡縮する箇所を絞っている。

なぜそうしているかというと、これを指定しないと全体の拡縮になるだけなのでTransformノードで十分になってしまう。

Transformのノードと同義

よって、より複雑な拡縮で使うノードだと思う。

Scale

スケールソケット外観

ここは単純に大きさの係数を指定する。

ver3.2現在、ここはフィールド(ひし形)の入力になっているがテストした限りだと絶対値しか受け付けないので注意。

Center

日本語:中心

拡縮する中心を指定する。

Centerソケット外観

ただ、少しわかりにくいので次のノードを組んで映像で例を出す。

例

別のオブジェクトに座標指定用の球を用意したので、コレを手動で動かしてCenterを変化させてみると

球を中心にスケールされるので、この場合は位置そのものが変化している。

これに少し変更を加えて

時間でスケールが大きくなる設定

こうすると球を中心にサイズが大きくなっているのが分かると思う。

ver3.2現在、こちらもフィールド(ひし形)の入力になっているがテストした限りだと絶対値しか受け付けないので注意。

Uniform/Single Axis

日本語:均一/単一の軸

Uniform/Single Axis設定

これまでの例は全てUniformなのでここからはSingle Axisの設定を解説する。

こちらの設定を変えるとソケットが変化する。

Axis

日本語:座標軸

Axisソケット外観

といっても増えるのはこの設定項目だけ。

こちらもわかりにくいので先程の球を動かす例を使う。

ノードの組み方

こちらは見たままで、原点から見てこのAxis方向への軸にだけ拡縮するようになる。

これもまた完全に理解してコントロールするのが少々難しいので上級者向けかと思う。

おすすめの使い方

公式よりExtrude Meshした後にScale Elementsを使うと便利とのこと。

Extrude Meshから

かなり限定的な使い方ではあるがTopアウトプットをそのままSelectionとして使えるので

トゲトゲボール

このようなトゲトゲメッシュを簡単に作ることが出来る。

Topアウトプットの解説を含むExtrude Mesh(メッシュ押し出し)ノードは次を参照。

【Geometry Nodes】Extrude Meshノード【Blender】 | 謎の技術研究部

さいごに

CenterAxisを同時に変化させる作例を作ろうと思ったが、なんの役にも立たない例になってしまった。

めまいがしたときのエフェクトぐらいにはなる?

謎のノード例



謎の技術研究部 (謎技研)