【DTMの記録】Day43 ~ Day49

July 29, 2020

毎日15分以上DTMを練習する。その記録である。

DTM43-49

はじめに

今週はプラグインのインストールからマイクレコーディングのテストへシフト。

譜面をいじるだけがDTMではないのである。

Day43

2020/07/21

昨日の続きでプラグインのインストール。

DVDからのインストール途中にPCつけっぱなしで翌日に持ち越し。

どうやらこのプラグインは一つインストールするのに3時間かかるらしい...

ただ、ドングルにライセンスが入っているパターンはインストールさえしてしまえば使えるし

アンオーソライズしなくてもよいのは助かる。

今日はこれまで

117min

Day44

2020/07/22

今日もインストール。

ライセンスのコードがわからないものがあった...ログインしても確認不可。

と思ったらスキップするとiLokを使うとあった。ややこしい。めっちゃこわい。

とりあえずインストールした文は起動確認。

34min

Day45

2020/07/23

前の曲ファイルが開きたいので整理。

旧PCのなかの曲データがバラバラに分かれているのでとりあえずパスを確認。

プラグインが全て正しく再現できるかが暫くの課題。

27min

Day46

2020/07/24

インストール中は何も考えてはいけない。

マインドルフネス・インストール。

62min

Day47

2020/07/25

さて、まだサンプリングCDやインストールしていないプラグインがちらほら残ってはいるが

少々やりかたを変えていくのもいいかなと考えた。

DTMと一口に言っても、音をレコーディングしたものを使うというのも重要。

今日はデスクトップではなくレコーダーに目を向けてみるとする。

APC_0172

しばらく使っていなかったTASCAMのDR-100MKII

コレ自体は古いものだがカメラと違いオーディオはすでに音質的にはWAVで録れればAD/DAの差は一般人には聞き分けられないレベルに達している。

あるとすればマイク性能かな。ただしマイクは外付けを使うので問題なし。

問題は使い勝手だ。

さて、ステレオでペンマイクをたてていたスタンドがどこかにあるはず。

というわけで探すことに...

APC_0173

あった。あったのだけれど...

もう片方がない。いっこしかマイクが挟めない。どういうことー!

こまった。

今日はここまでにする。

32min

Day48

2020/07/26

マイクホルダを探すだけの時間。

あった...

APC_0178

そういえばマイクスタンド一本にこのホルダーで止めるとステレオマイクの距離がこの幅でしかコントロールできないので

クラギのレコーディングのようなマイクを複雑な角度で設定するときにはスタンドが2つ必要で分離してレコーディングしてたのだった。

そのうちの一本が行方不明だったが、洋服ダンスと壁の間に隠れており、そこに付属していた。

中央にもう一つなにか可動パーツが欠損してそうな気がするが...まぁ十分だろう。

さて、とりあえずはギターのRECではなくなにか環境音を撮ってみたいので次回はセッティングしてみよう。

今日は時間が遅いのでこれまでにする。

22min

Day49

2020/07/27

今日はレコーダーの電源を入れてみたい。

image0

USB端子はこれだけれど、5VのACアダプタが使える模様。

APC_0189

謎の5V電源...大丈夫かな。

大丈夫そうではある。

APC_0190

前もよく使っていたペンシルマイク。

とりあえず試し録り。

しかしASMRレコーディングしている人は大変な作業だと思う。

ただでさえ1H以上の長い動画が要求される上に、撮った音ものに変な音が入っていないか確認したりするのは到底まねできそうにない。

とりあえず私はASMR動画をやりたいわけで録ってるわけではないので、これをどう料理するかで勝負することになるのだろうか。

56min

さいごに

毎日少しづつとはいえ、時間に対して成果があまり挙がっていないのが多少気になる。

私だけかもしれないが「進捗だめです」というのは怠けてしまってDAWを開きながらアニメみちゃったりすることを言うが、普通に毎日作業していてもこれだ。

いかにDTMが時間を浪費する趣味なのかが見て取れる。


今週の合計:350min

総合計:31.68h

※10万時間の法則に代表するように分かりやすく「総時間」表記に変更した。

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
当BLOGのオーナー。元DTMer。