【Unreal Engineの記録】Day8 ~ Day14

2021-01-03

毎日15分以上Unreal Engineを練習する。その記録である。

unreal8-14

はじめに

※各Dayの右側に書いてあるmin数は私の作業時間の記録。

Day8

2020/12/27 :44min

ブレンダーからシェイプキーを送る方法は確認したので、あとはVRMのマテリアルが送れない対策を調べる。

完全にこのテーマに限った記事がるという。ありがたすぎる。

https://soramame-games.com/vroid-to-ue4-3

ひとまず上からなぞってみる。

  • VRM IMPORTER
  • Cats Blender Plugin
  • X4UE: Exporter for Unreal Engine

これらはインストール済み

「アウトライナのArmatureを右クリック」と書いてある部分まで完了

Day9

2020/12/28 :30min

BLOGどおりで問題なく読み込めた

マテリアルの再設定もVRM4Uで読み込んだものを手動で再設定したら終わり

次回:顔の動きをどうリンクするか

男の子のサンプルのブループリントを読むのがいいかな

Day10

2020/12/29 :24min

とりあえず何もわからんので顔キャプチャサンプルのブループリントを眺める

結局なんもわからんかった。

明日、またやる。

Day11

2020/12/30 :104min

やはり参考になるのはこの記事

https://pafuhana1213.hatenablog.com/entry/2020/08/02/001438

サンプルはKiteBoyHead_JointsAndBlendsというスケルタルメッシュのなかのブループリントを見ればいいらしい

アニメーションのブループリントをスケルタルメッシュにはじめから割り当てておく場合は

image-20201230161400764

アセット詳細のスケルタルメッシュ post process anim blueprint

ひとまず顔がうごくようになった。

わからないことが多すぎる。

アップルの公式のlive link faceで送られてくるデータ一覧が画像つきでわかりやすい

https://developer.apple.com/documentation/arkit/arfaceanchor/blendshapelocation

こちらの映像もUnrealのノード作成からやっているので参考に

明日は次を調べる

この映像が使ってるkawaii phisicsが何か

https://github.com/pafuhana1213/KawaiiPhysics

あとは次の映像も見たい

Day12

2020/12/31 :60min

なんと昨日のLiveLinkFaceのサンプルがGithubにアップされている。

今日はDLしてひらいてみる

Kawaii phisicsとVRM4Uを入れて新しいバージョンのunrealで動いた。

これはすごい。

ブループリントが全く分かっていないので眺めることにする。

明日続きでブループリント観察

Day13

2021/01/01 :52min

なんもわからんのでブループリントをとりあえず観察

まったくわからんのでいつも見ているシリーズにお世話になる。

非常に分かりやすいので一通り見たほうが良いか。

明日は続きから

Day14

2021/01/02 :48min

今更ながらFlashを書いていた時代を少し思い出す。

殆ど覚えていないがオブジェクトとコードをどんどん階層的に関連付けしていくとどこになんのコードが入っていたかわからなくなる状態がよくあった記憶。

で、それが今現在の私のUEの解釈度ではそうなる予感がしないでもないので、ブループリントとキャラクターがどのように関連付けされていくのかを知る必要があるのではないかと。

ということでもういっそ最初から映像を見直すことにした。

以前みてるので倍速で。

ひとまず新しくAnkiでデッキを作ることにした。

明日から続きでがしがしカード入れていく。

さいごに

Ankiによる丸暗記開始。

必要な箇所に絞って覚えていきたい。


今週の合計:362min

総合計:14.96h

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
謎の技術研究部部長。元DTMer。今は何をしている人なのかよくわからない。謎。