【ZBrushの記録】Day36 ~ Day42

July 24, 2020

毎日15分以上ZBrushを練習する。その記録である。

zbrush_36-42

はじめに

日記だけでなく知らない機能をとにかくピックアップしていく。

この記事を読んでいる人にもわかりやすいように解説する形式で記した。

Day36

2020/07/14

Regroup By Edges

謎の機能「Regroup By Edges」を調べる。

image-20200715033553413

エッジだけを抽出してグループにする模様。

動画ではこれのpolish by gropusをかけて

image-20200715033742788

わかりやすい。

group as dynamesh sub

コレはちょっと難しそうな機能。

2つサブツールがある状態で

シリンダー(灰色のほう)をダイナメッシュにしておく

image-20200715043244243

2つ目をコレにして引き算モードにしておく

image-20200715043311698

※英語では「Difference Icon」と言われていた

下側の三角のサブツールにして

ポリグループから image-20200715043457482

を選択すると

image-20200715043612697

白色のグループになるので(これでマイナスになっている)

サブツールでシリンダーを選択して

image-20200715043711266

Marge Down

image-20200715043656625

image-20200715043726562

そのままマージされるので、なにもないところをctrlドラッグしてリメッシュすると

image-20200715043752195

三角のほうが引き算される。

コレに関しては

with SubTools | ZBrush Docs

英語だが公式が一番わかり易い。

コレに関してはちょっと腑に落ちないのでANKI未入力。

次回は次のサイトを参考にしダイナメッシュも理解しながら勉強用カードにしていきたい。

ZBrush-Dynamesh(ダイナメッシュ)の使い方と各設定。ネガティブメッシュの作成と解除方法 | らくがきクリエイトmononoco

かなり手間取ったので時間を使ってしまった。

79min

Day37

2020/07/15

今日は春雨を食べながらダラダラやる作戦。

とりあえず食べてる間に適当に動画を視聴する。

ダイナメッシュで大体のモデルを作っておいてZremesherで整えてからsubDivという考え方かな。

これはムーブツールやサブディビジョンが高いところでの作業でどんどんトポロジーが壊れていくため先にダイナメッシュで原型を作ったほうが有利という感じ。

というわけで今日の本番

ダイナメッシュをやる

Groups

image-20200716030454708

こんな風にグループして

image-20200716030518071

Groupsをオンにしてリメッシュするとメッシュが複製される

つまり、リメッシュ後この紫のグループだけmoveして引き剥がしてみると...

image-20200716030632150

複製された部分だけ剥がれる。

Polish

image-20200716030828269

ポリッシュをオンにして

image-20200716030844222

(オフでリメッシュしても何も変わらないが)ここでリメッシュすると

image-20200716030921366

ポリッシュされる。

そんだけ。Blurでも同じような効果が現れる..と。

PolishのほうはClayPolishの設定で細かく調整できるらしい。

Project(投影)

image-20200716033915660

これでDynaMEshすると

image-20200716033940596

球体のつなぎ目の部分のエッジが壊れてしまう

これを解決するにはProject(投影)をオンにする。

image-20200716034037941

このProjectオンでのエッジの部分を調整する場合は

image-20200716034831820

SubProjectionを高くしてやるとよりエッジ側にジオメトリが適応されるらしい。

DynaMeshがやたら時間がかかるときは

ESCキーでキャンセルできる。

が...Windows側で動作停止ダイアログが出ることがある。

強制終了しないでESCキーをそっと押すとダイナメッシュの処理が止まる

84min

Day38

2020/07/16

疲労困憊。

本日はDynaMeshのAdd, Sub, And

image-20200717022930574

ダイナメッシュ自体古い機能なのでそもそもライブブーリアンがある今コレを使うのか不明だが

とにかく解説しているサイトが少ない。

日本語はほぼ全滅なので一応やってみる。

書いてあるとおりaddで足し算、subで引き算, andで重なっているところをブーリアンする。

addは通常の加算なのでsubから

IMM Primitivesでプリミティブを追加するときにaltキーを押しながら追加すると

image-20200717023339728

こんなふうに反転したものができる。

でこれをsubすると

image-20200717023418002

減算でダイナメッシュされる。

逆にandすると

image-20200717023452530

重なっている部分だけ抽出

......ということだと思うのだけれど、このパターンだと普通にaddでも減算される。

うーん謎。

とりあえず普段余り使うツールではなさそうなのでこれぐらいの理解でいいだろう。

体力が限界なのでここまで。

28min

Day39

2020/07/17

本日もDynaMesh

Create Shell

image-20200718035415834

まずはベースとなるモデルはダイナメッシュされていること

image-20200718041720417

インサートメッシュブラシでaltを押しながら挿入で減算メッシュを挿入

image-20200718041851918

(マスクは解除して)このままダイナメッシュすると

image-20200718042213502

こうなるところをCreate Shellをすると

image-20200718042240958

内側が外側にくっ付くほどくり抜かれる。お面の内側みたいになると思っておくといいかな?

マウスホイールにズームを割り当て

マウスを割り当てする方法。

Document > In, Out をctrl + alt を押しながらクリック

このままボタンからカーソルを外に出さないように(キャンセルされる)

ホイールを割り当てしたい方向に動かす

これで完了。画面上部にメッセージがでる。

image-20200718042742916

裏側をマスク

image-20200718043605297

この裏面をスカルプトすると

image-20200718043651833

表側もスカルプトされてしまうので、されないようにするには

Documentの

Auto Masking(オートマスキング設定)から

BackfaceMask(背面マスク)をオンにしておくと裏を書いても面に影響しない

50min

Day40

2020/07/18

今日もGeometryを見ていく。

Smt

日本語版:スムーズ

image-20200719032859653

image-20200719032833171

オンにしてDvideすると

image-20200719032927519

スムーズ化されて丸くなる

オフにしてDvideすれば

image-20200719032957277

角はそのままDvideされる。

Reconstruct Subdiv

日本語版:サブディビジョンを再構築

image-20200719025200700

例:SDiv3でDel Lowerする

image-20200719025352154

Reconstruct Subdivが押下できるようになる

この状態でボタンを押すと削除された低レベルのサブディビジョンを再構築する。

あくまで再構築なのでもとに戻るわけではない。

動画

本日の参考になる動画は公式

ZClassroom Lesson - Subdividing Intro

75min

Day41

2020/07/19

上から順番に知らないものを調べていくシリーズ

ローラー作戦

Subtool

こちらを参考にし、subtool関連について書く。

クリック一発で全部に適応

サブツールの目玉を

image-20200719230528779

image-20200719230548351

クリック一発で非表示にしたい場合

shiftキーを押しながら目玉をクリックする。

ミラー

これは厳密にはサブツールではないが...

image-20200719231318431

左側の球体を右側に反転コピーしたい場合

image-20200719231457695

SubtoolからDuplicate(複製)し

Deformation(変形)からMirrorでX軸を指定

image-20200719231540881

反転コピーされた。

キャンバス内のクリックでSubtoolを選択

image-20200719231927825

腕のサブツールからシャツのサブツールに移動したい。

このときサブツール画面から選択するのではなくキャンバス上でできる。

image-20200719232020118

altキーを押しながらシャツをクリックするだけ。

ソロモード

image-20200719232436409

わざわざ目玉ボタンで表示を絞らなくても

いま選択されているサブツールだけの表示にすることができる。

image-20200719232513870

Soloをクリックすると

image-20200719232530966

シャツだけになる。

リスト表示

image-20200719232909107

サムネイル付きのリストでサブツールを分かりやすく表示する場合は

image-20200719232942790

List All(リスト表示)Nキーを押す

ここからの参考動画

以下は次を参考にして記述する

ZClassroom Lesson - Merge Similar SubTools - ZClassroom Extras

サブツールの上下を入れ替える

image-20200719234145237

下のbackpackを上に、vestを下に移動したい。

image-20200719234227111

この矢印。ちなみに右側の矢印は逆で下に移動する。

一番上に移動する

先程の矢印をshiftキーを押しながらクリックすると、サブツールが一番上に一気に移動する

image-20200719234449031

AutoReorder(自動並べ替え)

ちょっと危険なボタン

こちらもSubtool内

image-20200719234659726

ポリゴン数のカウントで昇順・降順に自動で並び替わる。

昇順・降順の切り替えはボタンを押す度に反転する。

誤って押さないように注意。

57min

Day42

2020/07/20

サブディビジョンのフリーズについて

Geometry > Freeze SubDivision Levelsが気になった。

ZBrushのサブディビジョンレベルについて – NaughtyNote

こちらのサイトを読ませていただいた。

本当に洗練された記事。文章の流れがBLOG界隈でもトップクラスなのではなかろうか。

適度な動画や画像も完璧だ。読まなければ損。

次の動画を参考にした。

私が記事にできるレベルではなさそうなのでこの話はここまで。

Del Other, Del All(その他を削除, 全てを削除)

  • Del Otherその他を削除:選択しているサブツール以外のサブツールを全て削除
  • Del All 全てを削除:全サブツールを削除

All Low, All High(全てロー、全てハイ)

Subtool > All Low, All High

image-20200721031737108

すべてのサブツールのSDivレベルを一番高く(All High) or 一番低く(All Low)する。

Divideするわけではなく既存のレベルを移動するのみ。

AppendとInsertの違い(アペンドと挿入)

image-20200721035816484

どちらもメッシュを新しく追加する機能だがどうちがうのか。

なんとサブツールに挿入される順位が違うだけで基本的に同じ機能だそう。

海外のフォーラムでも日本のBLOGでも同じ事が書かれていた。

63min

さいごに

非常に長い記事になったが、日記形式よりこの形式のほうが良いはずだ。

自分が覚えていく過程が少しでもGoogle検索でたどり着いた他のだれかの参考になればと思う。


今週の合計:436min

総合計:1日と7時間21分

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
当BLOGのオーナー。元DTMer。