【ZBrushの記録】Day85 ~ Day91

September 08, 2020

毎日15分以上ZBrushを練習する。その記録である。

zbrush85-91

はじめに

今週も布のシミュレーション。今週でブラシを除いて基本機能は概ねカバーする。

※各Day下部に書いてあるmin数は私の作業時間の記録。

Day85

2020/09/01

Dynamics > Liquify(液化)

image-20200902020346497

演算のアルゴリズムを「布」から「液体」へ変更する。

なのだが、英語の解説を読んでもいまいちピンとこないので例を出しておく。

image-20200902020331759

OFF

通常布を演算すると

image-20200902020512651

下に落ちる

ON

Liquifyをオンにしておくと

image-20200902020554043

※画像は演算途中

斜め(矢印の方向)にに落ちる。

もともとあった面に対してなんらかの流れる面が生成されている?

ボールの例

ボールの例で一つわかることがあった。

OFF

image-20200902021218963

Liquifyを付けていなければ衝突するまで布の元の形状は変化していない。

衝突している箇所だけ変化している。

ON

image-20200902021335251

まだ衝突するまえから元のオブジェクトが溶け始めている。

とりあえずわかりやすい液化はこのあたりだろうか。

Dynamics > Set Dicrection(方向を指定)

視点に対して下に重力の方向を指定する。

image-20200902021628693

一度上の状態でSet Gravity を行い視点をもとに戻してRun Simulationを実行。

image-20200902021747691

視点をもとに戻しても、先程の方向に重力が働く。

20min

Day86

2020/09/02

Dynamics > Inflate(膨張)

image-20200903091905613

この例を元にInflateすると

image-20200903092011820

膨らむだけ。

空気を入れたような印象。

Dynamics > Deflate(収縮)

image-20200903092137230

こっちはその逆でしぼむ。

空気を抜いている印象。

Dynamics > Expand(膨張)

image-20200903092334315

大きくなりながらもシワシワになる。

一番説明しにくいが布自体が増えているのだと思われる。

イメージ的には水でふやけて布の面積が増えているような状態?

Dynamics > Contract(縮小)

image-20200903092519191

こちらは全体がそのまま小さくなる。

Deflateのようにシワにならない。

こちらも布そのものが減っているのだと思われる。

25min

Day87

2020/09/03

Dynamics > Resolution(解像度)

image-20200904110246814

衝突対象のスムーズネスをコントロールするツマミ。

低くすると衝突対象がカクカクした形に認識される。

また、解像度は実際のRun Simulationの演算速度には影響しないがツマミを右に動かして離すと衝突対象の計算が走るので一瞬固まる時間が長くなる。

image-20200904110415185

3200(MAX)

image-20200904110446978

16(MIN)

image-20200904110513403

違いがわかりにくい

パット見たしかにブロックっぽくはなったが具体的に何が変わったのかわかりにくい。

正面から見てみると

image-20200904110756588

  • 解像度が低くなると隙間が開きやすくなる
  • 衝突する対象がカクカクしたブロックとして認識されている

Dynamics > CollisionVolumeのInflate(膨張)

image-20200904111053048

衝突対象そのものを膨らませて認識する。

つまり大きくすればスキマが大きくなると思えば良い。

0(MIN)

image-20200904111143898

衝突対象に布がぴったり張り付く

10(MAX)

image-20200904111230374

大きくスキマができる

25min

Day88

2020/09/04

Dynamics > Max Simulation Points(最大シミュレーション頂点数)

image-20200904112740558

演算対象の頂点数がこの値 x 1000を超えた場合 ダイアログがでて演算されない。

この例では250 x 1000 = 250,000なので例えば何度かDvideして

image-20200904112845720

この状態でRun Simulationをクリックすると

image-20200904112921815

演算が停止される。

おそらく頂点数が多くなると指数関数的に演算時間が増えるので水際でとめる機能なのではないだろうか。

SDivを下げれば使える

複数のSDivがある場合は低レベルにしてActivePointsを下げれば実行できる。

Del Lowerする必要はない。

20min

Day89

2020/09/05

Day88まででクロスシミュレーションに関してはやりきったのでブラシを見ていくことにする。

前提条件

Cloth~のブラシで作業を行うが、いずれもDynamicsの設定による影響を受けるので逐次そちらも調整しながら使う。

ショートカットはB > Cである程度絞れる。

ClothBall or ClothInflate ブラシ

※色々試したがこの2つのブラシの明確な違いを実証できなかった。ballのほうがサーフェスの法線を膨らませることはないとのことだが詳細不明

image-20200905214853632 image-20200905224045422

布にボールをぶつけたときのような演算となる

image-20200905215138189

image-20200905215201436

ClothDimpleブラシ

image-20200905215459860

Dimpleとは「えくぼ、くぼみ」の意

ペンを置いたところを中心として、あとは上下左右どちらでもいいので引っ張った長さに応じて布が変化

image-20200905215606941

穴に押し込んだような、もしくは下から掃除機で吸い込んだようなエフェクトになる。

image-20200905215705296

ALTで反転して適応すれば、てるてる坊主のような形状が簡単に作れる。

image-20200905220003680

Firmnessを高くした例。

ClothFoldブラシ

image-20200905225340104

こちらはFoldとあるので布を折りたたんだような効果に見えるが

布を手で巻き込んだような形状になる。

image-20200905220224925

image-20200905220343020

注意点

  • Draw SizeZ Intensityが低いとほぼ効果ないので高めに
  • ALTで方向を反転できない

49min

Day90

2020/09/06

ClothHookブラシ

image-20200906180358636

こちらは何度も紹介しているように布をつまんで引っ張るだけのシンプルなブラシ。

image-20200906180632200

このように布ごとつまんで引っ張った効果を出す。

引っ張っても動かない場合

Draw Sizeが小さいと影響が少ないので大きめにする。

伸びてしまう場合(布全体が付いてこない)

image-20200906180820638

上のメニューのDynamicsの設定が悪い可能性があるので確認

  • On Brushed(ブラシ上)をオフにする:ブラシが乗っている箇所しか効果がなくなる
  • Allow Expand(拡張を許可)をオフにする
  • Strengthを高くする:低い場合は布が柔らかいため伸びていく

ClothMoveブラシ

image-20200906182040922

image-20200906182035891

布用のMoveブラシ。どうやらOnBrushesに関わらず基本的にはブラシが有効な場所にのみ作用する模様。

image-20200906182156932

とはいったものの付け根の部分のトポロジが比較的いい感じで整形される。このSSでは繋がっている部分に少しうねるような変化が見れる。

同じ作業を通常のMoveブラシで行うと

image-20200906182314605

鋭くなりすぎて付け根の部分が不自然になっている。

ClothNudgeブラシ

image-20200906183122520

自然なシワを作る

image-20200906182750035

ゆったりとした効果なので、こちらもDraw Sizeを大きくしないと変化が現れない。

Strengthが弱すぎると伸びてしまい、Firmnessが強すぎるとシワができないので注意しよう。

35min

Day91

2020/09/07

On Masked(マスクに使用)の使い方

image-20200908144359951

On Masked(マスクに使用)の使い方を発見したので記載する。

On MaskedはRun Simulationをする上では単に

「マスクしている部分だけにシミュレーションがかかる(マスクしていない部分は動かない)」

という状態になる。

当然On Maskedをオフにすれば逆になる(マスクしている部分にはシミュレーションがかからない)

ここで疑問

あれ、ならこのボタンいらないのでは?

逆をマスクすればいいだけなのでは?

と思ったので使い方を考えたところ「なるほど」という使い方を見つけた。

例:ハンカチをつまみたい

image-20200908144617293

例えばこの布をハンカチだと考えて左端をつまんで持ち上げた...と考えてみよう。

左端の先端だけ動いてあとは布が自然と付いてくるはずだ。

ここまで読んでいればならつまんで引っ張るブラシ「ClothHook」を選ぶはず。

ClothHookブラシで左を持ち上げる

image-20200908144821548

どういうわけかこれ以上持ち上がらない。

何度か筆を重ねれば多少上に行くが...やっぱり効果が少ない。

と、いままでの記事をしっかり読んでいればこれは「Draw Sizeが小さいからだな!」ということが想像できる。

ならDraw Sizeを上げれば良い?

image-20200908144937478

500まで大きくして引っ張ってみよう。

image-20200908145056876

これで確かに持ち上がっているのだけれど「つまんで持ち上げた」という感じがでていない。

Draw Sizeが大きいのでなにか丸いもので押し上げたような効果となっている。

ということは、やはり効果範囲を小さくした状態で持ち上げることが「つまむ」というイメージになるはず...

ここでOn Maskedが有効

まずマスクした箇所にはブラシの効果が及ばないので「つまむ部分」だけを残してマスクする。

image-20200908145350013

On Maskedをオフでつまむとマスクが適応されて

image-20200908145434511

めくれ上がるだけになる。

ここにOn Maskedを適応すると...

ブラシによる直接の効果はマスクにより排除されるが、マスク部分にも繋がっている布の演算が適応されるため布が付いてくるという効果が現れる。

というわけで次のようになる。

image-20200908145614827

想像通り「ハンカチをつまんだような」結果が得られた。

さいごに

最後の1日がいい感じで軽いまとめみたいにできたので収まりが良かった。

ZBrushを弄っていて過去最大に面白い新機能だと感じる。

まだブラシ類を全て精査していないので来週も引き続きクロスシミュレーションを探る。

29min


今週の合計:203min

総合計:66.43h

この記事をシェア:

author icon

Ultra-Noob @Neve1074
当BLOGのオーナー。元DTMer。